機能改善 領収データ発行機能にてインボイス制度の書式での出力に対応しました。 詳しくはこちらをご覧ください。

新機能 参加者によるイベント出席機能をリリースしました。今までは主催者による出席管理機能はありましたが、大規模イベント等での受付処理が大変とのフィードバックをいただいてました。今後はイベント作成時に発行される「出席コード」を会場現地や配信で共有してもらうことで、参加者自身でイベント出席登録を行うことができるようになります。これにより受付処理が容易になりますので、イベント主催者の皆様はぜひご活用ください。詳しくはこちらのニュース や 特集ページ をご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Feb

28

フロントエンド改善戦略

マイクロフロントエンドでアプローチする3社の取り組みとは?

Organizing : 株式会社サーキュレーション/FLEXY(フレキシー)

Hashtag :#ctomeetup
Registration info

Youtube Live配信枠 ※配信リンクは「参加者への情報」に記載

Free

Attendees
190

参加者への情報
(参加者と発表者のみに公開されます)

Description

🖋️イベント概要

※2月末までAmazonギフトプレゼントキャンペーン実施中です。詳細はページ下部に


年々フロントエンドに関係する技術は増え、トレンド変化も激しくなってきています。一例を挙げるとするならば

  • JavaScriptからTypeScriptへの移行
  • 同じコードベースでフロントエンドもバックエンドも書けるNuxt.jsやNext.jsといったフレームワークの誕生
 などがあり、自組織やサービスの課題に合わせて技術選定をしていかなければなりません。

数多くの技術がある中で、今回は「マイクロフロントエンド」を軸にフロントエンド改善についてセッションをいたします。
マイクロフロントエンドですが、マイクロサービスの考え方をフロントエンドに拡張した考え方のことで、昨年10月にBuilding Micro-Frontends(Luca Mezzalira 著)の翻訳版がオライリーから出版されて話題になりました。

一方で、日本国内における活用事例がまだまだ少なく具体的なイメージが湧きにくいのではないでしょうか。
そこでセッションではビジネスや技術的な課題が異なる登壇企業3社(マクアケ様・マネーフォワード様・日本経済新聞社様)がなぜ解決アプローチとしてマイクロフロントエンドを選択したのか。その背景から運用のリアル、付随する組織や技術選定の話まで伺います。

🕒タイムテーブル

19:00〜19:05 オープニング
19:05〜20:10 メインセッション(仮)
・マイクロフロントエンドとは?
・マイクロフロントエンド採用に至るきっかけと実践
・マイクロフロントエンド採用によるメリットやデメリット
20:10〜20:25 質疑応答
20:25〜20:30 アンケート/クロージング

✨こんな方へおすすめ

  • マイクロフロントエンドに関して概念ではなく実践話を聞いてみたい方
  • フロントエンドの改善における選択肢の1つとして分割、マイクロフロントエンドを検討している方
  • サービスとして大きく、複雑なプロダクトが採用しているフロントエンド技術に興味がある方

登壇者

渡久山 拓也さん|株式会社マクアケ 開発本部 Field CTO @_tokutoku3

マクアケ 渡久山さん

様々なWEBサービスの開発やなどを経て、2020年に株式会社マクアケに入社。現在は新たな社内システム基盤の開発にリードエンジニアとして取り組むかたわら、全社を横断したフロントエンド改善活動をデザイナーと協力して推進している。また、Field CTOとしてMakuakeの実行者体験・社内オペレーション分野の進化を担う。

道祖 克理さん|株式会社マネーフォワード リードエンジニア @sainuio

マネーフォワード 道祖さん

大学在学中からweb開発を始め、2019年にマネーフォワードに入社後は、マネーフォワードクラウドの横断課題に取り組む部署に所属し、ID基盤サービスの新規開発に従事。現在は新たな基盤サービスをマイクロフロントエンドとして開発中。2022年に岐阜に移住し、地方暮らしを満喫中。趣味は洗車。

阿部 凌磨さん|株式会社日本経済新聞社 サブスクリプション事業 ソフトウェアエンジニア @arayaryoma

日経 阿部さん

2020年に日本経済新聞社に入社し、日経電子版のWeb版の開発をするチームにソフトウェアエンジニアとして所属。一部フロントエンドサービスの刷新や、CDN(Fastly VCL)や各種モニタリングも含めアプリケーションの運用を行う。趣味は、WebAPI/CSS/JavaScript/HTTP のドラフトやブラウザについてゆるく議論すること。

参加方法/ご案内

参加方法

  1. 本イベントに申し込む
  2. イベントページ内「参加者への情報」あるいは後日運営(no-reply@connpass.com)より申込時記載のメールアドレス宛に送付されるメールから配信リンクを確認
  3. 当日配信リンクからYouTube Live で視聴

ご案内

申込者限定で配信翌日の19時まで見逃し配信、イベント終了時のアンケート回答頂いた方限定で過去アーカイブ動画のご用意を予定しております。

当日リアルタイム視聴が難しい方も、ご興味があれば参加申し込みを是非をお願いいたします!

その他

主催者

株式会社サーキュレーション/FLEXY(フレキシー)部
「世界中の経験・知見が循環する社会の創造」をビジョンに掲げ個人/法人のオープンイノベーションを支援しています。

FLEXY
独立エンジニア/デザイナー・技術顧問向けの案件紹介サービス

CTO meetupとは

有識者の経験や知見を循環させ、エンジニアのみなさんのスキルアップを後押しする学びの場。

各技術の普及から技術環境の改善、組織づくりまで、毎回様々なテーマに対して各分野の第一線で活躍をされているCTO/エンジニア等をお招きし、トークセッションを行います。

個人情報の取扱について

イベントの主催者である株式会社サーキュレーションがそれぞれの個人情報取扱い規定にもとづき管理させていただきます。 プライバシーポリシー

行動規範

本イベントは技術の発展やその他開発トピックスに関する情報交換・交流を行うための場所です。
そのため、参加者に対して以下のようなハラスメント行為は許容しません。

  • 言葉による性別、性的指向、障がいの有無、外見、身体の大きさ、人種、宗教に関する攻撃的なコメント
  • 公的空間での性的な映像表現
  • 意図的な威力行為、ストーキング、つきまとい
  • 写真撮影や録音によるいやがらせ
  • トークやその他の会議イベントに対して繰り返して中断しようとする行為
  • 望まれない性的な注意を引きつける行為

ハラスメント行為に遭った、目撃した場合には、スタッフの誰かに連絡していただくようお願いします。

Amazonギフトプレゼントキャンペーン実施中

いつもFLEXY(フレキシー)主催の「CTO meetup」をご視聴いただいている皆様に感謝を込めて
「Amazonギフト券3,000円分」がもらえる特別企画をご用意しました。

FLEXYにエンジニア、デザイナー、技術顧問としてご登録いただいた方全員を対象に
【Amazonギフト券2,000円分】をプレゼント!

さらに職務経歴書も提出いただいた方には追加で【Amazonギフト券1,000円分】をプレゼントしますので、最大でAmazonギフト券3,000円分がもらえちゃいます。

たった1分!登録フォームはこちら

※Amazonギフト券プレゼントには条件がございますので、メール内の「キャンペーン要項」をお読みください。

こんな方におすすめ

  • 現職がありながら副業も検討している方
  • 現在フリーランスの方で更に案件を獲得されたい方
  • 副業や独立は検討していないが、自身の保有スキルが市場からどのように評価されているか気になる方

キャンペーン要項

2月28日(火)までの期間内にFLEXY会員登録された方全員に【Amazonギフト券2,000円分】をプレゼント。

さらに期間内に職務経歴書を提出いただいた方には追加で【Amazonギフト券1,000円分】をプレゼントします。

注意事項

  • ご登録時に「登録のきっかけ」で「その他」を選択し「202302登録キャンペーン」と記載された方のみ対象です。
  • 職務経歴書には条件がございます。メール下部の職務経歴書の条件をご確認ください。
  • 対象者には3月中に、FLEXY事務局よりAmazonギフト券をダウンロードできるURLを記載したメールを、会員登録いただいた際のメールアドレス宛にお送りします。
  • 既にFLEXYへ登録いただいている方は対象外となります。
  • プレゼントはお一人様一回のみとさせていただきます。

職務経歴書の条件について

指定条件を満たした職務経歴書(アウトプットURLでも可)を提出いただいた方には追加で【Amazonギフト券1,000円分】をプレゼントします。

※職務経歴書やアウトプットURLには以下項目を満たしたプロジェクト情報の記載が必須です。

  • プロジェクト概要
  • プロジェクト期間
  • 担当ポジション
  • 使用技術スタック
  • 業務内容(アウトカムの記載があると尚嬉しいです)
    ※アウトプットURLはWantedly、GitHub、Zenn、Qiita、Notionのオリジナルページなどが挙げられます。
    ※登録時に格納頂く職務経歴書等が条件を満たさない場合でも、キャンペーン期間内に、登録後に利用できる管理画面「Pro Portal」から指定条件を満たした職務経歴書もしくはアウトプットURLをアップロードいただくことでプレゼント対象となります。

​​​

たった1分!登録フォームはこちら

発表者

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Group

FLEXY(フレキシー)

FLEXY meetup

Number of events 90

Members 4864

Ended

2023/02/28(Tue)

19:00
〜 20:30

You cannot RSVP if you are already participating in another event at the same date.

Registration Period
2023/02/15(Wed) 12:31 〜
2023/02/28(Tue) 19:00

Location

FLEXY

オンライン(Youtube Live配信)

Attendees(190)

gon_nakayama

gon_nakayama

フロントエンド改善戦略に参加を申し込みました!

UDN

UDN

フロントエンド改善戦略 に参加を申し込みました!

bdm

bdm

フロントエンド改善戦略 に参加を申し込みました!

Takuya Fujimoto

Takuya Fujimoto

フロントエンド改善戦略 に参加を申し込みました!

yamakawa03

yamakawa03

フロントエンド改善戦略 に参加を申し込みました!

Seyama

Seyama

フロントエンド改善戦略 に参加を申し込みました!

k-nagasaka

k-nagasaka

フロントエンド改善戦略 に参加を申し込みました!

kenkuwa

kenkuwa

フロントエンド改善戦略に参加を申し込みました!

エムロ

エムロ

フロントエンド改善戦略に参加を申し込みました!

KLogWatanabe

KLogWatanabe

フロントエンド改善戦略 に参加を申し込みました!

Attendees (190)

Canceled (5)